Page: 2/2  << 
鈴木康広 2013年作品

題名:猫描き 
作者:鈴木康広

・子どもの頃からずっと猫が苦手でした。最近、猫がこわくなくなったことに気づき、その存在が気になってきました。「猫」と「描」がそっくりなところも不思議なので、猫描きをゆるやかに続けたいと思います。(鈴木康広)


・国内外で目覚ましい活躍!2011年に浜松市美術館で大がかりな個展。今年は8月2日から10月19日まで、現代美術家の登竜門の水戸芸術館で、鈴木康広展「近所の地球」。金沢21世紀美術館でグループ展。秋には舞台装置の仕事。水戸芸術館には行きますから、今からワクワクしています!


大きな2つの机の上に、カードが100枚ぐらい伏せて置いてあります。伏せてある上の面には、猫にまつわる言葉が書いてあります。そのカードをめくった面には、その言葉からの猫にまつわる絵が描かれています。
絵は言葉から連想する洒落であったり、言葉を裏切ったり、言葉からの推理であったり、その意外性が大変面白いです。めくりながらドキドキします。
言葉と絵の楽しいちょっと怖い遊びです。


もっと、すごかったのは、作者が行ったワークショップです。
40名ほどの、参加者たちにも、猫にまつわる言葉と絵をカードに描いてもらいました。
みんなの描いたカードを80枚ぐらい全部伏せて並べます。それを全員でぐるぐる回りながら一枚づつめくって、自分の好きなカードを選びます。それを何回も繰り返します。80枚のカードが一斉にまばたき、ぐるぐる回って圧巻です!
大勢の人たちを、ぐるぐる回りさせているのは、猫の不思議な力なのか?
このスペクタルな演劇的パフォーマンスも、作者のもう1つの作品だと思いました。
僕の好きなのは、「キャットボール」猫をキャッチボールするときの、空を飛ぶ猫の姿です。グローブにおさまる瞬間、猫は身体を丸めます。猫の名前は「タマ」です。


水戸芸術館の彼の個展、ますます楽しみです!(藤澤伸太郎)


















 

| oiai | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まばたきの同窓会
鈴木康広くんが一昨年の浜松市美術館の
大掛かりな個展に引き続いての浜松市の開催です。
彼は地元浜松の人たちと
共に何かを生み出そうと試みます。
共有するそこから生まれる作品!
まばたきの同窓会はそんな時間と空間です。
楽しみです!是非お出かけください!

鈴木康広
「まばたきの同窓会」
3月14日(木)〜24日(日) 9時30分〜17時 月曜休館 無料
浜松市鴨江別館 エントランスロビーほか
尚、僕(藤澤)も鈴木康広くんと
ワークショップ「まばたきデッサン」を行います。
3月16日(土)13時〜15時鴨江別館201




| oiai | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
街じゅうアートin北九州2012 ART FOR SHARE
鈴木康広くん、8月のoiai美術展から、
面白い展開になってきました。
鈴木康広くんの参加するアートプロジェクトです。
参加者に自分の皮膚感や呼吸感を感じさせ、
自分の身体性そのものを感じさせることで、
石鹸のような日常的なものとの関わりが、
死と生の再生へと輝いてきます!
彼のこれからの展開がますます楽しみです。


街じゅうアートin北九州2012 ART FOR SHARE

国内外6組のアーティストが地域の皆さんと
一緒に2年がりでつくるアートプロジェクト。
北九州ならではの作品を生み出すためのレシピを提示します。
そのレシピに沿って一般の方々が「つくり手」となって
参加していただくことで、作品は会場を
通じて現在進行形で変化していきます。
その創作プロセスを皆さんとシェアしながら、
アートならではの視点で私たちの日常や
地域に潜む魅力を掘り起こし、
私たち一人ひとりの「つくる力」を
改めて見直したいと思います。

 [会期]   2012年10月6日(土)〜11月4日(日)
 [会場]   北九州市小倉北区中心市街地
 [参加作家] 鈴木康広/オノ・ヨーコ/藤浩志/
       松蔭浩之/セオ・ヒョジョン/
       Nadegata Instant Party

http://www.sohkai.or.jp/?p=1431
http://www.sohkai.or.jp/?p=1407


■鈴木康広ワークショップ「石けんで『自分』をつくろう!」

人は石けんを使って毎日古い自分を脱いでいる?
石けんは右手と左手を合わせるためのもの?
石けんのこと自分の体のことを考えてみましょう。

 [場所]  I'm 10F KOKURA natu-garden
 [参加費] 1,000円(保険・材料費)・要予約
 [日時]   10月27日〔土〕13:00 〜 15:00


■鈴木康広ワークショップ「『大きな空気の人』の散歩」

 I’m 10F KOKURA natu-gardenで展示する
全長12mの「大きな空気の人」が屋外に出かけます。

 [場所]  北九州市役所周辺
 [参加無料]一緒に散歩していただける方を募集中!
 [日時]   11月4日〔日〕14:00 〜
| oiai | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
NEW QREEN STORIES アートが紡ぐ新たな公園の時間
 鈴木康広くんの展示、
NEW QREEN STORIES アートが紡ぐ新たな公園の時間 
「屋根のベンチ」SPIRAL9.19(水)‐9.23(日)、
11:00‐20:00スパイラルガーデン入場無料

井の頭恩賜公園
9.29(土)‐10.28(日)入場無料、
10.20(土)に写真家の川内倫子さんとワークショップをします。

子供の頃、ドキドキしながら屋根に乗り怒られました。
屋根を公園のベンチにしてしまう発想、大変楽しそうです!
お尻と背中に屋根のデコボコを感じて大空を見上げる非日常的なベンチ。
是非遊びに行ってください。いくつかの面白い展示があります。






| oiai | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木康広 2010年作品
題名:大きな空気の人
作者:鈴木康広

テレビ、新聞、ラジオで大変話題になった作品です。
12m×4.5mの巨大な空気の人が会場いっぱいに仰向けに寝転がりました!!
会場の浜松の空気をいっぱいに吸って横たわりました。
彼の発想の素晴らしいのは、極めて薄く透明な膜を巨大な人の形にして、
圧倒的な空気を存在させたことです。
会場に訪れた人は目の前の巨大な空気に触れて
普段とは違った新鮮な空気との関係を見つけます。
この作品を通してたくさんの人から様々な話を聞きました。
もうひとつは、大きな空気の人、会場に在るたくさんの作品たち、来観者・・・
それら全部の会場全体を作品化してしまったことです。
多くの人たちが訪れた会場全体が不思議な舞台に変貌しました。

極めて革新的な作品と展示は奇跡的な時間と空間を造った傑作です。(文:藤澤)

数々の受賞に輝き国内外で活躍がめざましい現代アーチスト
oiai美術展に14年間毎年主にインスタレーション作品を展示。
http://www.mabataki.com/








| oiai | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend