Entry: main  << >>
鈴木康広 2013年作品

題名:猫描き 
作者:鈴木康広

・子どもの頃からずっと猫が苦手でした。最近、猫がこわくなくなったことに気づき、その存在が気になってきました。「猫」と「描」がそっくりなところも不思議なので、猫描きをゆるやかに続けたいと思います。(鈴木康広)


・国内外で目覚ましい活躍!2011年に浜松市美術館で大がかりな個展。今年は8月2日から10月19日まで、現代美術家の登竜門の水戸芸術館で、鈴木康広展「近所の地球」。金沢21世紀美術館でグループ展。秋には舞台装置の仕事。水戸芸術館には行きますから、今からワクワクしています!


大きな2つの机の上に、カードが100枚ぐらい伏せて置いてあります。伏せてある上の面には、猫にまつわる言葉が書いてあります。そのカードをめくった面には、その言葉からの猫にまつわる絵が描かれています。
絵は言葉から連想する洒落であったり、言葉を裏切ったり、言葉からの推理であったり、その意外性が大変面白いです。めくりながらドキドキします。
言葉と絵の楽しいちょっと怖い遊びです。


もっと、すごかったのは、作者が行ったワークショップです。
40名ほどの、参加者たちにも、猫にまつわる言葉と絵をカードに描いてもらいました。
みんなの描いたカードを80枚ぐらい全部伏せて並べます。それを全員でぐるぐる回りながら一枚づつめくって、自分の好きなカードを選びます。それを何回も繰り返します。80枚のカードが一斉にまばたき、ぐるぐる回って圧巻です!
大勢の人たちを、ぐるぐる回りさせているのは、猫の不思議な力なのか?
このスペクタルな演劇的パフォーマンスも、作者のもう1つの作品だと思いました。
僕の好きなのは、「キャットボール」猫をキャッチボールするときの、空を飛ぶ猫の姿です。グローブにおさまる瞬間、猫は身体を丸めます。猫の名前は「タマ」です。


水戸芸術館の彼の個展、ますます楽しみです!(藤澤伸太郎)


















 

| oiai | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend