Entry: main  << >>
「ワークショップ、レクチャー」「アングラ演劇」


oiai美術展
2018年8月14日(火)〜19日(日)
10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31

〇ワークショップ、レクチャー(自由参加)
8月19日(日)13:00〜16:00展覧会会場にて
メンバーが展示作品の紹介、見方、感想などレクチャーします。

〇アングラ演劇(観劇自由)
8月19日(日)16:00〜17:00展覧会会場にて
アングラ演劇「ゾク チラシ」を上演します。是非、楽しんでください!(いずれも参加費無料)
出演 藤澤伸太郎 古橋楓 合谷柊音 大村美桜 正田七恵
※写真は去年の舞台風景


「ゾク チラシ」

7月27日
坂を上り切ったバスの真ん中を 沈む真夏の太陽が突き抜けた
翼のないイカロスが真っ赤な炎に包まれた
受話器の向こうから聞こえた貴女の泣き声
物語ならなんでもいいから欲しかった
モノガシュヤクノモノガタリ モノトーンカラサイケデリック
モノデハナイアナタノモノガタリ モノグルオシイモノガタリ
モノガナシイモノオトヒビキワタル


5月7日
走り続けて描いた絵 来る日も来る日も 行きも帰りも 走り続けて描いた絵
たどり着いた暗い階段を登った4階の部屋
明るい大通りの 空をめくる君の白い指と
アスファルト蹴る君のアシ
アスモアシハアツクアツクアスファルト


8月1日
地下で遊び惚けて失った 地上高く羽ばたく力
ちぎれそうな翼を扇いで風よ吹け〜〜
チラシチカチカヒカル風 チラシガサガサカザル風
バーゲンセールのチラシだけれど 扇げば花のヒラヒラドレス
チギレタツハザガツムジ風ツブラナヒトミノツムジ風


12月31日
ダ・ヴィンチの鳥が羽ばたくデッサン カオスの海辺で披露
街暮れり 坂を下り 美味しいビールのどをくぐり 焼き鳥食えり


6月8日
梅雨の晴れ間の雲隠れ 街中探しても見つからない
森の木に登って見たら 木の葉に紅い貴女の言葉
アカイアマズッパイアナタノコトバ アセノアジスルアナタノコトバ
風呂敷かぶり 忍者になって 木に登る雲


5月26日
食べ終わったあとの食卓 食べ残したご馳走がいっぱい
多弁な野菜と たらしこんだ肉 多情な魚と たくらみの果実と 
たわむれるケーキが 食べ残されていた
貴女が食べ残した ためらうキウイを 僕は盗み食べた


10月9日
背景が切り取られた記憶 大空と大地が細い木々で繋がる 
紅の向こうに抜ける快楽
いなくなったばぁーば いないいないばぁあ――――


5月3日
まっ赤に染まった まちのマチエール はままつまちの まっ赤なまつり
まっ赤なはっぴの君をまつ まっ赤な口紅君をまつ まっ赤なマニキュア君をまつ
まてどもまてどもまちぼうけー
まっ赤なまつりの まっ赤なハッピの マチエール


2月22日
からだ骨だらけ おおきなお顔 お目め潤んだ私をお食べ おにぎりよりはおいしいよぉ〜〜
皿に魚さらっと作曲 骨まで愛して欲しいのよぉ〜〜


10月25日
死んでしまった傘が言った生まれ変わりたい! 
開いた傘に少女たちは晴れた空と太陽を描いた
デコボコボックス奥に広がる山と山 君と登ったデコボコ坂の遠い道


2月10日
頭の無い人間 羽根を生やし群がり飛んで行く
いっせいに舞い落ちる黄色い火花
逆流する欲望は 逆さまに見つかった抽象画

12月9日
片想いの初恋 川辺の夕闇に消えた 赤いセーター
安らかなる川が導いた
渦巻く荒海 赤い毛糸がほどけて絡まり合う
好きだった ヒラヒラの赤いドレスで 踊るワルツ


2月3日
B級映画館立ち並ぶ ギャング活劇ピンクカラー 奏でるは地下室のメロディ
新宿深夜喫茶の僕とぼく
シンメトリックな シンフォニー シワクチャ紙幣 レシートだらけのシースルー


1月7日
ただだまって ただだきあった だれも見ない坂の上ただ待っているおびただしい若者たちだった
ただぴっろい夜空の端が ただれた


1月26日
樹木の匂い立ち籠めて 幼子の記憶が蘇る 転がり落ちる階段大きく揺れる
父に抱かれて 飛んだ遠い空


4月28日
水平に見える目と 水平が斜めに見える目2つ
ズレてるどちらでもない 足元見つけた
混沌の街を 鳥が斜めに羽ばたく


1月28日
赤黒く焼けただれて 肌痛く 
冬の早朝 どこまでも澄み渡る 病院の空 
身動き出来ない右手が 左手の君を操る
無理に笑った細胞が いつまでも止まらない


4月1日
春に訪れた暗闇 ぽっかり空いた大きな穴ぼこ
あなたがくれた花の欠片をむさぶり食べた
モノトーンの街並みが ハリボテになって眠る


11月13日
バナナの皮で作った 女性の気高き顔 日に日に黒々カサカサ土と化す
抜け落ちた人のかたち春の空 声たかくひびきわたる夏の人


4月11日
居なくなった犬の小屋 空高く垂直に積みあがる 
水平に流れる記憶の上に 寒い朝ふとんの中に君の温もり


5月23日
ドッボーン!ジャブジャブジャブ!! 
ドデカイ羽根が無くたって ドット橋の向こうまで ドボンドボン泳いで行ける
ドンヨリ曇った空の下 ドシャ降りの雨にも負けず
ドヨウノ真夜中
ドロップアウト

孤独に喘ぐアナタのもとへ

朗読のための「チラ詩」藤澤伸太郎 

〇合同批評会(一般公開)
8月18日(土)18:00〜21:30展覧会会場で出品者全員の合同批評会です。是非!
| oiai | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend