Entry: main  << >>
小西宣生 2017年作品
題名:ちらりスーツ
作者:小西宣生
・作品の説明  変形キャンバスに油絵の具 クレパス 色鉛筆 鉛筆で描きました。
・いつもは横向きの人を描いていましたが、今回は正面で描きました。ちょっと酔った感じで。
うぃ〜す。(小西宣生)


作者が自分で作った大きな変形キャンバス(2mぐらい)に、油絵の具等で男性が描かれています。
男性はぼろぼろの服に肌や下着がはだけて、大変だらしのない姿ですが、何故かアバンギャルド
で格好良く見えます。
とことん破けたボロ服をキザにマンガチックに描いている姿は滑稽ですし、現代のエリート企業
マンの服を崩して皮肉くっています。

ただ、今回は徹底的に描いているので、息苦しさを感じます。
ある意味失敗作です。
前年作に比べて変形キャンバスがもうひとつ生きていません。
変形キャンバスを生かしたインスタレーションとしての面白さがありません。
おそらく作者は敢えて抑えてバランス良く描かずに、自分の描きたい面白いキャラクターに耐え
うる新しい変形キャンバスの形を、次に見つけようとしています。

幸い今現在(2018年4月)制作しています変形キャンバスは今までにはないダイナミックなものに
なっています。
今年の展示が楽しみです!!!

長年、作者の制作活動を見続けてきましたが、変形キャンバスに対する思いはことの他強いです。
彼は変形キャンバスを育てるために狭義な絵画的な視野にこだわらずに人物の服を描ききって、
よりスケール感のある変形キャンバスを見つけようとしています。

おそらく、oiai美術展のインスタレーションの空間がそうさせているし、変形キャンバスで会場
のインスタレーションを造りたいと言う強い思いを持っていると思います。

…スペインの抽象画家ミロは、最初はフランスのシュールレアリズムの影響を受けて空中に
びっしりと細かい模様が浮かぶシュールな作品を描いていました。
シュールにこだわった窮屈な絵でしたが、アメリカの小説家ヘミングウエイ(老人と海)と付き
合い初めてから、スケール感の在る大胆な抽象を描くようになりました。
ヘミングウエイの身体を通して表現する文学に影響されて、視覚的な絵画から身体的な表現を
する圧倒的な抽象画家になりました…(藤澤伸太郎)


海の老人と出会ったミロ
おしよせる波に描いた
おおきな星の形


サツキ晴れ
ツツジの雲を見下ろす
洗濯されたシャツ


2018年5月1日

 

 

| oiai | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend