Entry: main  << >>
鷲見友佑 2017年作品

題名:no title (light)
作者:鷲見友佑
・隠すための光
今年の展示はとても多くの発見をさせてもらいました。oiaiにはこれからも毎年展示したいです。よろしくお願いします。(鷲見友佑)
・アドレスwashimiyusuke.tumblr.com
・武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科3年


大変明るく眩しい円環のライト(LED)を4体とコードとコンセントを使用して、真ん中にいる人間の身体を見えなくするインスタレーション作品です。

今回は、今までの作者の作品とガラッと変わりました。
余分なものが削り取られて骨格だけのシンプルな作品になりました。
本来の照明は、明るくして人や物などをより見せるための装置です。
それを、逆転の発想で人間を隠してしまう光りの装置したのは、大変面白いです。傑作です!!!
4つの大きな円の周りを眩しく照らすことで、それを支える骨組みの真ん中に影の空間を造っています。その影の空間に人間がすっぽり入って隠されます。
又、コードやコンセントを隠さずにわざわざ見せる表現も格好いいです!!
その結果、全体が昆虫の化け物のように見えて、ユーモラスですし、花にも見えます。
まるで、人間が消えて昆虫になったようです。

この抽象化された「隠す」という装置が、私たちの想像力を掻き立てます。

…現代の都市空間は、ますます眩く輝く光りの氾濫です。そして影にいる私たち人間や物はますます見えない存在になっています。
そんな都市空間を抽象化しているようにも思えます。

より明るくなった光りから生まれる「影」の人や物への想いが新しいです。
影に隠されたコードやコンセントをわざわざ見せたことが秀逸です!!!

ただ、もう2体ライトを加えて外に向けて設置して、真ん中の影の空間を浮き上がらせて欲しかったです。その影の空間に僕も入りたかったです。(藤澤伸太郎)


まるいまばゆい光りの影に 君は隠れた 昆虫になって吸い寄せられた僕

見ても見ても見えるものしか見えない見はてぬ夢の隠れんぼもうーいいーかいまーだだよーーー


2017年12月3日
 

| oiai | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend