Entry: main  << >>
安藤朝香 2017年作品

題名:はじまりは、終わりから。
作者:安藤 朝香
・作品の概要、ワークショップも含めて
あるきっかけで、「死」について考え出したことから始まった作品です。
「死」というものに答えはないので
身近なもので目に見える「死」(ゴミ等)を集めました。
その集めたもの1つ1つに絵を描いてみたりして、私なりに「死」に向き合った作品です。

ワークショップでは、
私が日々集めていたゴミと、毛糸等の材料を使って、『ゴミから何かを生み出してみよう』
というワークショップを行いました。

・作品、さまざまな姿のモノに描いたことで、
白い紙から描くよりも、自由な気持ちで描けるんだとはじめて気づけた作品です。
今後も増やしていけたらと思います。

ワークショップでは、
参加していただいた方々でチームに分けて、それぞれで作ったものを発表して頂いたのですが、
皆さん真剣に、楽しく作っていて、
それぞれすごく面白いモノが出来上がっていて…ワークショップ内で少しでもゴミの「死」に向き合って頂けたかなぁと思います。
とても私としては満足しています。(安藤朝香)

・イラストを主に描いてます。
女子美術大学デザイン・工芸科ヴィジュアルデザイン専攻卒業。


死(ゴミ)をテーマに要らなくなったい空き箱や壊れた物などにイラストを描き、それをいっぱいインスタレーションした作品です。
ワークショップでは、大勢の参加者たちが数人づつチームを作り、「ゴミから何かを生み出してみよう」をテーマにゴミを素材に作品制作を体験しました。

ワークショップが素晴らしかったです!!!
と言うのは、最初に作者が、あるきっかけで「死」について考えたこと、参加者たちにも「死」について向きあって欲しいと話しました。
参加者たちは、そこに置かれたいっぱいの壊れた物や要らなくなった物をそれぞれ選んで、毛糸、マーカー、色紙などを使って、「ゴミから何か生み出してみよう」と作品制作をしました。
参加者たちも自分なりに「死」と向きあって、その物の気持ちになって物が「生きたい!」という表現になり、実に生き生きとした作品になりました。
又、グループで制作したことで、共通言語のような「生きる」が表現されました。
例えば、壊れた開いた傘に晴れた空と雲と太陽を描いたのは、壊れた傘の気持ちが出て傑作でした!!生と死が同時に感じられました。

又、作者の展示作品は、壊れた物、要らなくなった物にイラストを描き、その物から大変ユーモラスな物語が浮かび上がっていました。物の形、あるいは、もともとあった写真や絵からイメージした発想、表現力が面白く思わず笑ってしまいました。
プラスチックの器の中のライブ会場など傑作がいくつかありました。
ただ、会期中もワークショップの場として設置して欲しかったです。僕も、死(ゴミ)から作品制作をしたかったです。

…高校生の時、東京に「ポップアート展」を見に行きました。
アメリカのポップアーティストの作品は、地方の高校生の僕は大変なカルチャーショックを受け、その後の人生を変えました。
その1人ライシェンバーグは、大きな画面に大きな古タイヤ、壊れた椅子、古靴など日常品をくっ付けて、思い切り勢いよくペインテングした油絵には、衝撃を受けました!!
画面は、物たちの墓場に見えましたけど、躍動感のあるペインテングには、生の衝動を感じました!!
又、制作しているところを大勢の人の集まる場で公開していました。芸術の場から降りたアンダーグランドの格好良さを見ました。(藤澤伸太郎)


死んでしまった傘が言った 生まれ変わりたい! 開いた傘に少女たちは晴れた空と太陽を描いた

画面にくっ付いた古タイヤバックオーライオーライライシェンバーグ


2017年10月25日

 


 

| oiai | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend