Entry: main  << >>
鈴木亮平 2015年作品
題名:「景観 2015/07」他3点
作者:鈴木亮平
・多摩美術大学 大学院美術研究科絵画専攻在籍

「景観 2015/07」
白地に湖のような形のシルエットが描かれた油絵です。
しばらく見ていると、湖が反転して今度は青い島に見えてきました。
大変面白いです!
どこかで見たことの形にも感じられて、それもいいです。(既視感)
面白いのは、湖のなかに小さな島が在ることです。
あるいは、島の中に在る小さな湖です。
そこに、実際に行って探検したくなり、わくわくします。
大変優れた作品です。
ただ、表現方法が非常に丁寧に描かれて、そこに目がいきます。工芸的になっています。
もっと力を抜いてドローイングしてください。
多分、絵の具の溜まりが流れて出来た形だと思います。
この形が閃いたときの無意識の衝動がドローイングとして現れると、見る人も、そこに出現した島(湖)の瞬間に立ち会えます。(臨場感)
絵画が物としても存在感が出ます。

…二十代後半夏、沖ノ島ちぶり島に1週間滞在しました。そこは火山で出来た島で至るところ奇形な光景が見られ、まさに、シュールで混沌とした世界でした。(どろっと溶岩が溶けて島が出来た…)。
毎日、泳いで、潜ってサザエを取っていました。海の中は信じられないほどの美しさでした。
その島の一番高い山の頂上から絵を描きました。山には、馬が放牧されていました。
眼下には、海が広がり、大きな島が見えました。
昼頃になると海が白いもやに覆われて、白い広大な大地に巨体な湖が出現しました。
巨大な島が巨大な湖になって見えました。
それは、天上の湖のようで、美しいけど恐ろしかったです。(その時のスケッチはあります。)…(藤澤伸太郎)


友と素潜りした海に 火の島が浮かぶ 陽炎の地くらくら湖が現れる


2016年3月21日
















 
| oiai | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend