Page: 1/1   
原川朋子 2013年作品

題名:密かな欲
作者:原川朋子
・自分の中にある「心臓に触れてみたい」という猟奇的な欲を表現しました。

一度心臓を作ってみたかったので粘土で半立体の心臓を作りました。半立体なのは、触れてみたいと思ったきっかけが漫画で心臓に触れるシーンを見たのがきっかけだったので、漫画的要素をいれたかったからです。(原川朋子)

・静岡文化芸術大学デザイン学部メディア造形学科3年
 


粘土で作った心臓が漫画のコマから立体的に飛び出している作品です。

異次元から飛び出したような立体的な板看板に見えてきました…
心臓を売買する怪しげな店の看板?みたいです。
猟奇的なイメージですが、手作りの粘土の心臓を板ぺらにくっ付けたチープな表現が現代社会への風刺になっていますし、ブラックユーモアを感じます。

粘土で作った心臓に作者の手触りが伝わってきてゾクッとします。
どうしても心臓に触りたかった感触が表現されています。

グロテスクな生き物のような心臓の形が、密かな欲を表しています。
大変面白いです!
もっと幾つか作って欲しかったです。(藤澤伸太郎)




 


 

| oiai | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
原川朋子 2012年作品
 

題名:自我像

作者:原川朋子

 

・コラージュ

・自分を自分で見て、自分の趣味や好きなもの、自分が発見したものなどを

自分に張り付けて遊んでみました。

あまり自己主張しない性格なので作品に好きなものを持ち込めて、楽しかったです。

 (文、原川朋子)

・静岡文化芸術大学 デザイン学部 メディア造形学科1

 

 

1年目の新人です。oiaiワークショップにも、作家として積極的

に参加して張り切っています。それが作品にも現れています。

 

自画像を描いた上に(かなり似ています。)そこに自分の写真、

イラスト、小物など、自分のものをいっぱい貼りつけたコラージュ

作品です。

しかし、単なる自己主張ではなく、作者が言うように 、自分の

ことをいろいろと話したい!みんなの「自分の話しを」聞いて

みたい!という思いが画面から伝わってきます。

 

キラキラ輝いているイメージと暗く沈んだイメージのコントラストが

素晴らしいです。

そして何よりも、観客が画面(舞台)に参加したくなる表現

が新しさを感じます。将来性がある快作です。(文、藤澤)






| oiai | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend