Page: 1/1   
鈴木沙也子 2016年作品

題名:熱帯夜
作者:鈴木沙也子
素材:キャンバスに油彩50号
・「不安」をテーマに作品を制作しています。
・武蔵野美術大学 油絵学科油絵専攻卒
・ホームページhttps://122332182735.jimdo.com/
・告知●鈴木沙也子・石原愛海二人展「考えたくない人たち」
2月12日(日)〜3月5日(日)
elle a boode (エルアブード)
静岡市葵区両替町1-3-18

 

熱帯夜、部屋にサボテンが侵入してくる油絵50号の作品。
真夏の夜に、庭にある鑑賞用のサボテンが突然、野生化して、大蛇のように窓から侵入してくる絵です。
まことに、アイロニックな絵です。

作者の「無意識」がサボテンを化け物のようにユーモラスに描いています。
特に、その筆使いがにょきにょきとした動きを生み出して面白いです!
不安からか、恐れからか、作者が身体の内から突き動かされて描いています。
描くことに純粋さを感じて、ドキドキします。素晴らしいです!
いろいろな形のサボテンを描いたのも、次々と現れる恐ろしさが出ていいです。

ただ、大きな花の部分は要りません。綺麗に見せるための絵になってしまってます。
折角、「鑑賞から開放された絵画(サボテン)」になっていますから、それに徹して欲しいです。
見せるための絵から開放されたサボテンは、会場に化け物のように侵入して来ます。
次回作が期待されます!!(藤澤伸太郎)


熱帯夜サボテンが にょきにょき侵入する 鑑賞から開放された性


2016年2月7日

 

 

 

 

 

| oiai | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木沙也子個展「そこに在る幻」

「部屋」
この作品は、今年のoiai美術展でも、出品されていました。
最近、作者は「サボテン」をモチーフにして数点描いています。
なかでもこの作品は、キャンバスの形そのものを、ひとつの狭い部屋にしています。
その窮屈な部屋にサボテンが野性的にぐんぐん伸びていますが、すぐに壁にぶつかり方向を変えて伸びて、又壁にぶつかりサボテンの成長に行き場のないもどかしさが感じられ、ゾッとします。
後ろに見える小さくしぼんだサボテンがこの部屋で、窒息して死んでしまいそうで恐ろしいです。

この絵画には、作者の無意識なサボテンへの「偏愛」が感じられて面白いです。傑作です!
是非、100号以上の大きな部屋にして、その部屋を窮屈になるほど野性的なサボテンを描いて欲しいです。いろんな日常空間にサボテンを描いて欲しいです。
私たちが生きている現代社会のリアリティーが生まれると思います。
次が、楽しみです!!(藤澤伸太郎)


9月1日(火)〜9月27日(日)
9:00〜19:00毎週月曜日定休
(最終日は16:00まで)
Gallery Yellow Passion
(美容室「K☆Happy」内
焼津市焼津4-11-2Part8 2F)
Pあり

作者:鈴木沙也子
・武蔵野美術大学 油絵学科油絵専攻 卒業







 

| oiai | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木沙也子 2013年作品

題名:「朝は来ない」「scatterbrain」
作者:鈴木沙也子
・油絵200号、油絵100号

・「朝は来ない」絡まってほどけなくなって、真実が見えなくなる。

 「scatterbrain」圧縮されすぎて破裂して、跡形も残らない。(鈴木沙也子)

・武蔵野美術大学 造形学部油絵学科油絵専攻 卒業


人智を超えた力。天上から「すべて見てるんだぞ!」とでも言いたげな人間を監視する神のごとき眼。
作品の迫力に圧倒されました。(村松弘之)

目を引く作品だと思います。絵画と漫画との中間的な印象を受けます。作品に近寄ると平面的な作品であり、離れた場所から見ることで全体の色のうごめく様子が見えてきます。写真で見たりふと意識せずに目をとめたりした時に、画面全体の色のバランスの美しさがわかる作品だと感じました。(袴田竜太郎)


「朝は来ない」
油絵200号の大作です。
美しい色彩で幻想的に描かれていますが、恐ろしさといかがわしさを孕んで圧倒的に迫ってきます。
巨大な海蛇たちががんじがらめに絡まり合う様は、とめどない欲望が群がり絡まり合う姿に見えます。
極彩色の鱗が3D映像のように気味悪いほど綺麗ですし、その奥からじっと睨む赤い眼は私たちを見ています。
現代の欲望的世界の破滅を3D映像のように描いた啓示的表現が見事です。挑戦的な地獄絵図です!

「scatterbrain」も同様なテーマが表現され、眩惑的な3D映像が見事に描かれた傑作です!
このブログの東京五美術大学卒業制作展の欄を見てください。そちらにも記載。



















 

| oiai | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
東京五美術大学 連合卒業・修了制作展






武蔵野美術大学油絵専攻4年の鈴木沙也子さんが、
東京5美大卒業制作展に作品を出品します。
作品は油絵の大作です。
ハガキの写真で作品の一部を見たのですが、
遠くから見ると花びらや葉が舞い散る華麗な絵に見えますが、
近くで見ると、まったく違うものに見えて、ギョッとします!
この違和感が素晴らしいです。
この絵は、見るひとの心理状態で、
それぞれ違う感じ方が出来る絵です。
彼女の実験的な表現がますます冴えています!
後から、作品全体の画像をブログで初めて見ましたが、すごい迫力です!
美しい地獄に吸い込まれていくような怖さがあります。傑作です!
是非、見に行ってください!

(文、藤澤)




平成25年2月21日(木)〜3月3日(日)
2月26日(火)は休館
10:00〜18:00(入場は17:30まで)
新国立美術館 MAP
 
平成24年度 第36回 東京五美術大学 連合卒業・修了制作展
(日本画・油絵・版画・彫刻)
 
多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学
 
講演会
2月24日(日)14:00〜16:00
「今、社会と美術を考える」


| oiai | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木沙也子 2012年作品

題名:scatterbrain

作者:鈴木沙也子

 

油彩による絵画

・白い点々を絵に散らして、見えにくくする実験のような絵を描きました。見えづらいほうがより見たくなる、というのをやってみたかったのでした。(文、鈴木沙也子)

・武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻4

 

 

描かれた絵の上から、無数のうごめく白い点々が描かれて

元の絵が見えにくくなっています。

見えにくくなることで、見る人の想像力が喚起され、日常の

風景がただならぬ光景に見えてきます。

それは、却って作者の深層心理のイメージが浮びあがり

見る人との共犯関係が生まれます。

 

特に自画像は何か恐ろしいものを感じ傑作です。

無数の粒子が生きてうごめいています。その無数の粒子が集まって

顔が出来たのか、それとも顔が無数の粒子に分解してしまうのか、

そんな恐ろしさを感じます。

実験的な試みが現代的なサスペンスになり成功しています。(文、藤澤)







| oiai | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend