Page: 1/1   
今津良樹 2016年作品

題名:Untitled
作者:今津良樹
・東京芸術大学 大学院映像研究学科アニメーション専攻在籍
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒
AC広告学生大賞受賞他
https://www.yoshikiimazu.com/

 

 

自分の衣類が洗濯機の中で、揉まれて洗い流されて回転しているアニメーション作品です。

このアニメーションは去年も出品していました。
作者は手直しして今年も執拗に出品しました。
今回は圧倒的にいいです!!
去年のは、アイデアの面白さだけでしたが、今回はディテールの表現が素晴らしいです!!

作者のたくさんの衣類が水をたっぷり含んだ重さ、複雑に絡まりひとつの円形になり、回転しながら洗い流されていく様相は、美しい詩です。
特に回転していく衣類たちのディテールの動きがいいです。めくれたり、よれたり、しぼられて空気の泡が溢れ出したり不思議な生きもののようです。
自分の汚れた身体が回りながら清められ、宇宙の回転にどこまでも巻き込まれて行きます……
日々の家事から見つけた発想をシンプルで見事なアニメーションにしています。

…独身時代、洗濯は好きでした。昼からの仕事でしたから、昨夜のやりきれない気持ちが残る衣類を洗濯機に放り込みます。洗い流した衣類を大空の下に干すのは、清々しい気持ちになりました…(藤澤伸太郎)


疲れ果てべとべとの身体 もまれて洗い流され回る回る 唸りをあげて螺旋の宇宙は回る回る

ソヨソヨハタハタバサバサとりどりのこいの音


2017年5月5日

 

| oiai | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今津良樹 2015年作品
題名:Untitled
作者:今津良樹
・東京芸術大学 大学院映像研究学科アニメーション専攻在籍
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒
AC広告学生大賞受賞 他

洗濯機の中を回る衣類の動きをアニメーションにした作品です。
作者の普段着ている衣類が目の前でぐるぐる回転しながらねじれていく姿は、ある意味ドラマチックな自画像とも言えます。
そして、衣類の回転が繰り返し繰り返し永遠に回り続ける画面の存在は、「時間」を提示したインスタレーション作品です。
大変面白い発想が斬新な視点で表現されています。
いろいろな自分の衣類がねじれて、ひとつに絡まりながら変化していくディテールが大変面白いです。
その日常の繰り返す円運動を果てしなく繋げることで、壮大な銀河系の永遠の円運動も思わせて、傑作です!!

ただ、衣類がきれいに描かれ過ぎています。
もっと汚れや染みや着古した感じなど、日常のリアリティーが出れば、すごい作品になったと思います。

…僕は、結構独身生活が長かったので、洗濯はよくしました。
洗濯機に自分のむさ苦しい男物の衣類をいっぱい放り込んで、その吸い込まれそうな回転をよく見ていました。自分の世知辛い日常から、トリップするような感覚が好きでした。
昔の洗濯機は回転音が大きく激しく、その回転運動を聞いていると、タイムトンネルの中で自分が回転していく錯覚に襲われました。特に、自分の身体の一部になっているジーパンを洗うときです。
昔、洗濯機がタイムマシーンになった映画もありました…(藤澤伸太郎)



洗濯機に放り込まれた 衣類が螺旋に回る 私の身体揉まれて絞られ天に干す


2016年4月7日
















 
| oiai | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend