Page: 1/1   
袴田竜太郎 2016年作品

題名:宮前橋のエスキース
作者:袴田竜太郎
・油絵でドローイングした箱をインスタレーション ・多摩美術大学 絵画学科油画専攻卒業

油絵の具でドローイングした直方体の箱を高い位置に設置したインスタレーション作品です。

正直に言いますと、とても惜しい作品です。
もう少し視点を変えたら、独創的なインスタレーション作品になったと思います。
僕が大変感動したのは、見上げる箱の底に、神社の建物が抽象的に描かれた面です。
大変シンプルですが美しいです。
筆で描かれた形と紅と緑のにじみが自然と神社の建物が融合して日本の美意識です。
見上げる箱の底に描かれている空間設定が秀逸です。。その遊びが突き抜けています。
天の橋立てを股の間から逆さまに見ることを思い出しました。
だから、底を見させるために底の面を広くして、もっと描いて欲しかったです。
日本的な新しい形のインスタレーションになったと思います。
ただ箱の前の面は手慣れた感じの絵であまり良くないです。
敢えて、橋や風景を省いて水面と空の形だけでいいと思います。
作者は、一昨年から日本の神社などとの「接点」をモチーフに新しいインスタレーションを生み出そうとしています。

小品ですが挑戦する意欲が感じられます!
上空の箱の底を見上げさせる方法、又やってみてください。
じっと見上げて、首が痛くなるのがいいです!!

…ずっと以前、時間あると1人でバスに乗り海や山、神社に遠出しました。その途中、橋が在ると、橋の上で何時間も佇んでいました。
水面と大空の宙釣りの位置で2つの空間の色や形の変化を楽しみました。
それは、風景に抱かれた快楽でした…(藤澤伸太郎)


ぽっかり浮かぶ矩形 箱の底を見上げて覗く 紅と緑がにじむ彼岸の形

水面と大空に掛かる快楽


2017年4月18日
 

| oiai | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
袴田竜太郎 2015年作品
題名:「須賀神社のエスキース」
作者:袴田竜太郎
・多摩美術大学 絵画学科油画専攻卒

神社を小さな箱に見立てて、その箱を高いところに設置したインスタレーション作品です。
中空に浮かぶ神社の空間表現が素晴らしいです!
又、小さな箱は、帰りに買う神社のお土産の箱を思わせて楽しいです。
その箱のデザインは、神社を囲む森のシルエットのみがシンプルに描かれています。赤い絵の具の滲みが神社の華やかさとストイックな感性を表して、大変優れたデザインです。
僕には、樹木が燃え上がる赤い炎に見えて、若き日の恋のような切なさを感じました。

そして何よりも、この箱を中空に浮かべるために、下に大変長く細い棒でスクッと立たせた姿は、無駄がなく美しいです。斬新です!

ただ、箱と台の重なりをもっと綺麗に見せて欲しかったです。

又、別な箱も見たいです。是非造って欲しいです。

…学生の時、神社へ写生に行きました。その神社は、階段をいっぱい登った高い山にありました。
そこから、見下ろす街は遥か海と一体になって見えました。
神社は四方森に囲まれて、森のシルエットに抜けそうな空を描きました。
その夜、夢を見ました。
神社から帰る階段が、降りても降りても下に辿り着かず途方に暮れました。その夕暮れの行き場のない浮遊感が、その時の叶わぬ恋のようでした…(藤澤伸太郎)


神社を収めた 小さな箱が中空に立つ 夕暮れの階段ダンダンダンダン多くなる


2016年3月10日

















 
| oiai | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
袴田竜太郎 2014年作品
題名:過去の接点
作者:袴田竜太郎
・80号2点を少し離して、高い位置にインスタレーションした作品。
・多摩美術大学 絵画学科油画専攻卒 油絵 


80号2点を、間を少し離して並べ、見上げる高い位置にインスタレーションした作品です。

圧倒的な綺麗さです。
輝くピンク色の艶やかな皮膚感が幻惑的で素晴らしいです。
亡くなった愛犬に対する作者の偏愛が過剰なまでの華美を生み出し、それが日々の接点へのメッセージになっています。

つまり、その都度、その瞬間の盲目的な愛が全体の犬の形をわかりにくくしていますが、返って大きな自然のうねりや、ドラマチックな動きが見えてきます。傑作です!

つかみどころのない私たち世界を、その瞬間、瞬間のディテールのつながりが、私たちが見えている世界より、目に見えない大きな流れを造っています。
 
時間と空間を幻惑するマチエールの美しさが際立つこの作品を、今日の街の中に是非、設置したいです!

これからも、マチエールの美しい作品を!楽しみにしています。(藤澤伸太郎)













 
| oiai | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
袴田竜太郎 2013年作品
題名:今日の接点
作者:袴田竜太郎

・オイルペイント 縱150×横91僂2枚
・昨年の作品は風景的な要素を多く取り入れたのですが、
 今回はもっと自分に近い要素を取り入れて制作にあたりました。
 基本的には、昨年と同じイメージで作品をつくっています。
 モノの見え方・人のモノの見方は、瞬間的なものであり、
 その時に感じた印象がその後の心象を左右し、
 そのモノの見え方が変わったときには、
 もう元の心象には戻れないのです。
 つまり、その時に感じられる見え方は、
 その時にしか感じられないのです。
 平たく言ってしまえば一期一会ですが、
 その時に感じられる感覚・見えかた・思いは一生に一回しか、
 感じることができないものです。
 今回の作品で感じた私の心象ですが、
 みなさんはどう見えるでしょうか。
 何かが見えてきましたでしょうか?、
 そしてまた見えた何かが見えなくなったでしょうか?(袴田竜太郎)
・多摩美術大学美術学部絵画学科油絵専攻卒
 2011年11月浜松市美術館「生きている美術館」に作家として参加

はじめ胸部のレントゲン写真のように見えて、それなりに思索していました。
「犬の顔だ」と聞いてしまったら、そうとしか見えなくなってしまって…。
絵と素材は別物なんだと勉強になりました。(村松弘之)

全体が艶やかなピンク色で大変甘美な絵です。
だから初めは女性か、花の蜜を吸う蝶の絵と思ったのですが、
後から遠くで見た時、彼が可愛がっている犬の顔を、
大きくとても愛らしく描いた絵だと分かり、
同時に彼の偏愛的なイメージが一気に浮かび上がりました。
そのイメージを大胆に真ん中から2つに切断して並べて抽象画にしたことで、
偏愛的で甘美な皮膚感を際立たせています。見事です!
見る人の心理を翻弄する彼独自の絵画を開拓しています。
今日をテーマにした絵画方法と甘美な絵画の皮膚感が
素晴らしいです。傑作です!(藤澤伸太郎)







| oiai | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
袴田竜太郎 2012年作品
題名:今日の接点
作者:袴田竜太郎

・何に見えますか!?気がついてしまうと、もう気が付く前
 には戻れません。気がついてから見方や感じかたが変わる
 事の連続が日々ではないでしょうか。
 人は気が付き、気持ちの変化の連続の中で生きているの
 です。その時の気持ちはその時にしか感じることが出来ません。
 (文、袴田竜太郎)
・オイルペイント
 多摩美術大学美術部絵画学科油絵専攻卒
 2011年11月浜松市美術館「生きている美術館」に
 作家として参加。



遠くから眺めていると
田舎の雪景色のように見える油絵です。
近づいて見ると、そこにいろいろな動物、魚、
怪物がいっぱい見えてきます。
しかも、その生物(いきもの)たちは、
動いたり、叫んだりしています。
極めてシュールな表現です。

作者は、日々その紙が破けたような形から
見えてきたものに、ほんの少し
描きたして生物を存在させていきました。
彼は、その日だけの接点を見つけていたのです。
したがって前日との接点とは
つながらないその日だけの純粋な接点です。
それゆえ、絵の全体を見ると、
全体がわからなくなり、部分をつなげようとすると
つながらなくなります。
のどかな雪景色が大変不安定な様相に、
生物たちがうごめく不安な
状況に変貌します。
その対比の表現方法が絶妙です!

僕も、この絵に接点を探してみました。
すると中央に狼のカウボーイが
いました。別な日の接点は、
絵の左半分以上に、巨大な蟹(かに)の
ハサミと何本もの足を存在させました。
気がつくと楽しんで参加していました。

これは、絵の形をしていますが、
新しい参加型のコンテンポラリーアート
です。実験的な試みが成功した傑作です!
次はもっと大きな画面で試みて欲しいです。
(文、藤澤)









| oiai | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend