Page: 1/15   >>
古橋楓 2017年作品

題名: ヒトノトキ
作者: 古橋楓
作品の概要: バナナの皮という、ナマモノということに加え色が変化しやすい特徴をもつという点に着目し、その変化をナマモノである人間の老化に重ね合わせ、人間が時間とともに老いていく様子を表現した立体作品。
・今回の作品はバナナの皮という特殊なものを使い、まだ自分自身の実験の甘さ、詰めの甘さをとても感じることができました。
しかし、面白いと言っていただけることもあり、バナナの皮とわからない状態で、作品をよくみていただけてるのを見ることができ、嬉しかったです。この作品のこれからを考えていくことができました。
今回の展示はとても得たものが多かったと肌で感じることができました。(古橋楓)


バナナの生の皮で女性の顔の皮膚を造り、会期中にバナナの皮の変化(皮膚の老化)していく様子を見せた女性の頭部の立体作品です。
バナナの皮で造られた女性の顔が腐って黒ずんでいくという大変ショッキングな作品ですが、何故かおおらかさが漂っています。
それは、土台になる粘土で造られた女性の顔の形からきています。
アフリカのプリムティブで抽象的な形の顔が凛々しく気品があります。
その形に対して腐り安いバナナの皮というミスマッチな組み合わせが斬新です。ブラックユーモアを感じさせます。
バナナの皮は会期中に、たちまち真っ黒く変わりはて、全くバナナだと分からなくなりましたが、近づいて匂いを嗅ぐと微かにバナナの匂いがします。それもいいです。
何よりも、皮膚の老化(死)の時間を具現化した表現と作者の生へのオマージュが立ち上ってきます。傑作です!!
また、現代の私たちに対する痛烈な批判に成りえています。
ただ、皮の隙間から見える白い粘土が良くないです。土色の粘土にした方がいいと思います。

又、他の素材の生の皮でもやって欲しいです。その変化を見たいです。

…小学生の図画工作で、秋にいろんな葉っぱを集めて画用紙に人の形に貼りつけて、周りを絵の具で塗った作品を作りました。
気に入って、新聞紙に包んでおきました。何ヵ月後の春に開いて見ますと、葉っぱの人の形だけ抜け落ちていて、下に枯れ葉の破片が土のように集まっていました。がっかりしましたけど、昔話にあったように人が死んで土に還ったと思いました。葉っぱが抜け落ちた人の形を今でもはっきり覚えています…(藤澤伸太郎)


バナナの皮で作った 女性の気高き顔 日に日に黒々カサカサ土と化す

抜け落ちた人のかたち春の空

2017年11月13日

 


 

| oiai | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
安藤朝香 2017年作品

題名:はじまりは、終わりから。
作者:安藤 朝香
・作品の概要、ワークショップも含めて
あるきっかけで、「死」について考え出したことから始まった作品です。
「死」というものに答えはないので
身近なもので目に見える「死」(ゴミ等)を集めました。
その集めたもの1つ1つに絵を描いてみたりして、私なりに「死」に向き合った作品です。

ワークショップでは、
私が日々集めていたゴミと、毛糸等の材料を使って、『ゴミから何かを生み出してみよう』
というワークショップを行いました。

・作品、さまざまな姿のモノに描いたことで、
白い紙から描くよりも、自由な気持ちで描けるんだとはじめて気づけた作品です。
今後も増やしていけたらと思います。

ワークショップでは、
参加していただいた方々でチームに分けて、それぞれで作ったものを発表して頂いたのですが、
皆さん真剣に、楽しく作っていて、
それぞれすごく面白いモノが出来上がっていて…ワークショップ内で少しでもゴミの「死」に向き合って頂けたかなぁと思います。
とても私としては満足しています。(安藤朝香)

・イラストを主に描いてます。
女子美術大学デザイン・工芸科ヴィジュアルデザイン専攻卒業。


死(ゴミ)をテーマに要らなくなったい空き箱や壊れた物などにイラストを描き、それをいっぱいインスタレーションした作品です。
ワークショップでは、大勢の参加者たちが数人づつチームを作り、「ゴミから何かを生み出してみよう」をテーマにゴミを素材に作品制作を体験しました。

ワークショップが素晴らしかったです!!!
と言うのは、最初に作者が、あるきっかけで「死」について考えたこと、参加者たちにも「死」について向きあって欲しいと話しました。
参加者たちは、そこに置かれたいっぱいの壊れた物や要らなくなった物をそれぞれ選んで、毛糸、マーカー、色紙などを使って、「ゴミから何か生み出してみよう」と作品制作をしました。
参加者たちも自分なりに「死」と向きあって、その物の気持ちになって物が「生きたい!」という表現になり、実に生き生きとした作品になりました。
又、グループで制作したことで、共通言語のような「生きる」が表現されました。
例えば、壊れた開いた傘に晴れた空と雲と太陽を描いたのは、壊れた傘の気持ちが出て傑作でした!!生と死が同時に感じられました。

又、作者の展示作品は、壊れた物、要らなくなった物にイラストを描き、その物から大変ユーモラスな物語が浮かび上がっていました。物の形、あるいは、もともとあった写真や絵からイメージした発想、表現力が面白く思わず笑ってしまいました。
プラスチックの器の中のライブ会場など傑作がいくつかありました。
ただ、会期中もワークショップの場として設置して欲しかったです。僕も、死(ゴミ)から作品制作をしたかったです。

…高校生の時、東京に「ポップアート展」を見に行きました。
アメリカのポップアーティストの作品は、地方の高校生の僕は大変なカルチャーショックを受け、その後の人生を変えました。
その1人ライシェンバーグは、大きな画面に大きな古タイヤ、壊れた椅子、古靴など日常品をくっ付けて、思い切り勢いよくペインテングした油絵には、衝撃を受けました!!
画面は、物たちの墓場に見えましたけど、躍動感のあるペインテングには、生の衝動を感じました!!
又、制作しているところを大勢の人の集まる場で公開していました。芸術の場から降りたアンダーグランドの格好良さを見ました。(藤澤伸太郎)


死んでしまった傘が言った 生まれ変わりたい! 開いた傘に少女たちは晴れた空と太陽を描いた

画面にくっ付いた古タイヤバックオーライオーライライシェンバーグ


2017年10月25日

 


 

| oiai | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
袴田竜太郎 2017年作品

題名:須賀神社のエスキース
作者:袴田竜太郎
・絵画表現によるインスタレーション作品
・距離を感じやすい絵画での見る人との対話。(袴田竜太郎)
・多摩美術大学 絵画学科油画専攻卒業


壁面の大変高い位置に設置されています。
神社の風景を紅い色で描き、画面を複雑な曲線で切り取った平面作品です。
天と地の境界に浮かび上がったとても不思議で新鮮な作品です。

作者はoiai美術展で長年制作活動をしています。その作者が、oiai会場から生まれた斬新な表現を見せてくれました。見事です。
おそらく須賀神社風景は、作者の忘れられない記憶だと思います。その記憶の風景をこの会場空間を生かして具現化してくれました。

神社風景を鮮やかな紅い色でドロドロに厚塗りにして実に艶やかにしています。その過剰なマチエールの表現に対して、真ん中の背景をすっぽり切り取ってスカスカの空間にした対比的な方法が絵画の存在感を消し去り、作者の無意識のドローイングの痕跡だけを浮かび上がらせました。
ドローイングの快楽だけが残り、大空と大地が紅い細い木々で繋がっています。そこに建物と柱が重なっているのもいいです。
真ん中の抜けた空間が素晴らしいです!!

又、角度を変えて見ると濃い赤の毒々しい色に変化して、ドキッとします。

作者は、自分の作品を描くと言うよりoiai展を見る人との対話を長年楽しみながら、その接点から、今回は絶妙な距離(空間)を見つけました。
新しい現代作品です。傑作です!!

…この見上げる距離は、僕に自由に記憶を思い浮かばせ、その記憶に近づくことが出来ました。
ヨチヨチ歩きの幼少の僕は、ばぁーば(祖母)に連れられて近くの神社によくお詣りに行きました。
幼い僕は、鬱蒼とした神社が怖くて、いつも泣いたそうです。そんな幼子の僕をあやすために、ばぁーばは「いないいないばぁあー―」を何回もしたそうです。ばぁーばのふしくれだった指が木々の幹ようだったことははっきり覚えています…(藤澤伸太郎)


背景が切り取られた記憶  大空と大地が細い木々で繋がる 紅の向こうに抜ける快楽

いなくなったばぁーばいないいないばぁあ――――


2017年10月9日

 


 

| oiai | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「鈴木康広 始まりの庭」

 

 

鈴木康広 始まりの庭
彫刻の森美術館 本館ギャラリー/マルチホール
2017年8月5日(土)‐2018年2月25日(日)
9:00→17:00(年中無休)

http://www.hakone-oam.or.jp/exhibitions/article.cgi?id=829660

 

箱根彫刻の森美術館で個展開催!!
今回は、ニュートンの万有引力の法則の林檎を、鈴木康広の見立てで「落ちない林檎に」した見事な作品、天地が逆さまになるめまいを感じました!ますます冴えています。
75点のうち、10点が新作です。楽しみです!
僕は秋に箱根に見に行きます。是非!!
NHK日曜美術館にゲストとして出演!朝日新聞全国版に作品写真と記事が載り、今大変話題に!!
今年のoiai美術展に「水平の人」を出品しました。(藤澤伸太郎)


林檎が落ちない鏡は逆さまの天地 天空に腰掛ける大きな空気 ファスナーが開くドレスの海 コップの中に浮かぶ日本列島北を見る

箱根の森の君は1万年を刻む


2017年9月19日

| oiai | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワークショップ、レクチャーの様子

2017年8月15日(火)〜20日(日)
oiai美術展がクリエート浜松3階で開催されました。
連日の猛暑のなか、たくさんの方が会場に訪れました。おかげさまで展覧会は大変好評でした。
今年の展覧会は「変化し続ける新しさ」をコンセプトに、それぞれメンバーたちが勇気を持って自分を壊しながら、新しい形を造り出しています。そんな変化し続ける新鮮な展覧会になったと思います。
今年は、さらにレベルが上がっていると言う感想を多く貰いました。
大変嬉しかったです。
今後とも、oiaiしか出来ない新しい形の雑多な展覧会を目指して行きます。

最終日、20日(日)の「ワークショップ、レクチャー」「アングラ演劇」では、たくさんの方々のご協力大変ありがとうございました。
「ワークショップ、レクチャー」では、9人の作家、小西宣生、古橋楓、鷲見友佑、山本寛之、山下雅稔、安藤朝香、瀧嶋三稀、正田七恵、袴田竜太郎がそれぞれの作品の紹介、見方、感想、ワークショップ、レクチャーしました。
独創的な作品に親しみが湧き、刺激になりました。大変楽しい時間を体験することが出来ました。又、安藤朝香のワークショップでは、参加者たちが大変面白い作品を作っていました。

oiai美術展の作品は後日ブログにて紹介します。
「アングラ演劇」の様子は後のブログに載せます。(藤澤伸太郎)
 

| oiai | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
oiai美術展 明日開催!!

明日よりoiai美術展を開催します!
本日、無事搬入出来ました。
oiaiメンバーの独創的な作品との出会いを楽しんで欲しいと思います。
今年は、「変化し続ける展覧会」をテーマに新しい形の展覧会場にしました。
是非、お出かけください。
☆oiai美術展
2017年8月15日(火)→20日(日)
10:00〜19:30(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31 http://goo.gl/maps/B9Qpq

 

写真は展示風景

 

| oiai | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ワークショップ、レクチャー」「アングラ演劇」

 

oiai美術展
2017年8月15日(火)〜20日(日)
10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31

〇ワークショップ、レクチャー(自由参加)
8月20日(日)13:00〜16:00展覧会会場にて
メンバーが展示作品の紹介、見方、感想などレクチャーします。

〇アングラ演劇(観劇自由)
8月20日(日)16:00〜17:00展覧会会場にて
「チラシ」を主役にアングラ演劇をします。是非、楽しんでください!(いずれも参加費無料)
※写真は「チラシ」の舞台風景


「チラシ」

7月31日
誰も知らない 非常階段の穴をくぐり抜け 下りたところがunderground
チラシの役者たちコンビニドリンク極々極々飲み干した

7月21日
梅雨あけて蝉唸る朝 冷えた氷を頭にのせる 死者が窓から花束投げた夜
殻が無数の粒をはらんだ

7月18日
広告あふれる なにもないせかい なんにもみえないなつのくれない
なにをなにしたらいいのかいなくなったあなたがないた

7月11日
幼い君と行った 半島のぐるぐる回る山 大きな猿と記念撮影 
瞬く過ぎしときシアシワに貼る

7月17日
大きくなりたいと 殻だけ巨大化 動くのもサァーボテン
人のいない砂漠にもぞもそそびえる

2月3日
真夜中の公園 糸杉の茂みに光る2つの目玉 浮かび上がる奇怪な顔顔顔顔顔顔― (鳴き声で)
日常に切り抜かれた大きな覗き窓

6月11日
無数の金属の棒 頭上高く波打ち 奏でる音に吸い込まれる海女
トンガッタサザエガイタイ!

7月7日
色とりどりのくす玉が いっぱい散らばる部屋 父と母と妹2人とおにぎり食べた
七夕の街通り徹夜で描いたデッカイタイガース

7月29日
ぎっしり詰まった広告に 空気穴を開けよ! 穴から見えるアナタの目と鼻と口と耳
逆さまに透ける文字とマンガと写真とアイドル

4月13日
かいだんをよんかいかけあがり かいかつなかおにかえる うちなるうちゅうもがきもだえてうごくうで  うみからうまれしものたちうみなりのうねりをうたう

3月28日
髪を栗毛に染めて 遥かな舞台の縁の下 チラシを滲ませ君が描いた春の川
桜の花びらサクサクサクサク食べた

5月5日
疲れ果てべとべとの身体 もまれて洗い流され回る回る 唸りをあげて螺旋の宇宙は回る回る
ソヨソヨハタハタバサバサとりどりのこい

12月5日
幾日も幾日も洋服屋は 大草原を縫い続ける 夜が来るたびに銀の糸が狼になる
大きな鍋を反射させ君は月を造る

3月30日
大きないびつな石を 小さな頭に乗せる人 身体を深い海に沈めて大空の雲を見上げる
ロ―リングスト――ンと穴に落ちた僕

6月27日
チラシの身体の中に 潜り込みもがき苦しむ 外にいる見えない君の声が聞こえない
木々の葉が騒めく明け方の街

7月23日
新聞紙をグシャグシャに 糊で混ぜた粘土で花瓶を作る たくさん並んで水墨僕あたし  
あつあつうなぎしじみ盆踊り

5月14日
愚かな戦いが続いた 疲れ果てた藍の闇 閃光に浮かぶ死に顔と光る粒
潮と樹木深き匂い故郷に満ちる

2月27日
さかみちをくだってたちどまり きみは「まばたき」した ちいさきはっけん「はばたき」ちきゅうをまわる うちゅうにまばたく「落ちない林檎」

6月6日
大空に投げ出された 黒いブーツの両足 白いふくらはぎの向こうに淡い色
マックラヤミヲスッポリカブッタ!

7月26日
アケガタカラスガカア―カア― 紅いさけびヲアゲタ

12月12日
ピンクピンクトンボトンボ デカイ目ん玉長ーいしっぽ 花々花々腐りゆく土と花の円舞曲

4月18日
紅と緑が彼岸で滲む 水面と大空に掛かる快楽

8月10日
熱帯夜サボテンがにょきにょきにょきにょき窓から侵入

11月11日
ビニールの網目を皮膚にして 鯨と鮫が空を泳ぐ 子どもの鯨と鮫が靴なって街を歩く

1月4日
動きにくにくしい悩みがファッション 航空基地の写生大会 青い空を赤い色に染めた

5月20日
大波に揺らぐ小さな僕たち 一周回って届かない過去の君

3月20日
緑の木巣立つ段ボールの羽ばたく音

6月23日
遠い空の境目に浮かびあがる 指でなぞる液晶の裸体

10月16日
泥水の足元に空いた宙の窓

7月31日
まあるいお腹のおへそが 生まれたおうちへ帰りたいと産毛を生やした

…雑記、oiai美術展メンバー作品より(藤澤伸太郎)

出演 藤澤伸太郎 古橋楓 合谷柊音 大村美桜   

〇合同批評会(一般公開)
8月19日(土)18:00〜21:30展覧会会場で出品者全員の合同批評会です。是非!

| oiai | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小澤香織 2016年作品

題名:Teddy Bear#03
作者:小澤香織
・今日着ていた服を脱ぎ、洗濯機の中へ、ネットに日々溜まっていくゴミに、ある時日常の果てを感じた…
誰もが捨てるこの素材で世界中で愛されているテディベアを形づくろうと思い
制作しました。(小澤香織)
題名:fallen flower
作者:小澤香織
・使用済ネイルチップ・ジェルネイル・糸巻き芯・造花の雌しべ、雄しべ・ラメ
小澤香織 個展「Wondrous journey」
L gallery/名古屋
2017.7.22sat.-8.6sun
→ l-gallery.jp

グループ展
浜松ゆかりの作家たち
平野美術館 /浜松
2017.6.17sat.-8.6sun
→ http://www.hirano-museum.jp/hamamatuyukari.html

 Ozawa Kaori HP
http://kaoriozawa.com/


洗濯機の中に溜まっていく衣類のゴミを素材にテディベアを造った作品です。

洗濯機のネットに溜まる衣類のゴミを素材にしたのは、大変面白い発見です!!
要らなくなったのでも、この素材はチープで最たるものです。
日常生活を送っている人間の皮膚(衣類)から出た垢のようです。
何故か、それを見ると僕は切なくなります。
人工の形のある衣類から、開放されて、その溜まった素材は自然に帰った長い日々と空間を感じます。

だから、この作品の部分を見るだけで、実に生き生きとした自然のディテールと広がりを感じます。いろんなものが見えてきます!!
その素材を可愛いテディベアにしてしまうのは、大変残念です。
小さくまとまり過ぎです。
閉じられた形より、広がりのあるディテールを生かした表現にして欲しかったです。見る人の想像力を楽しませて欲しかったです。

…小学生の工作の時間、新聞紙(白黒)を水で濡らしてグシャグシャにし、それに液状の糊を混ぜて紙粘土を作ります。
その新聞紙粘度をガラス瓶などを芯にして覆い、花瓶などの容器を造って、乾かしてから、ニスを塗って完成しました。
教室に40名以上の作品がズラッと並びました。
全部がモノトーンの斑模様でまるで教室中が水墨画の風景に包まれているようです。
一つ一つはそれぞれ違っていましたが、全体は抽象のモダンな模様で繋がっていました。繋がるといろんなものが見えてきて楽しかったです!!
その時ばかりは、工作が苦手な子もニッコリ笑っていました…(藤澤伸太郎)


新聞紙をグシャグシャに 糊で混ぜた粘度で花瓶を作る たくさん並んで水墨僕あたし  

あつあつうなぎしじみ盆踊り


2017年7月23日

 

| oiai | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年のoiai美術展のDMが出来ました!!

 

デザイン→岩澤菜生

作者が自分で作った衣装(ファッション) を撮影してDM(ハガキ)にしました。
目の覚めるような鮮やかな色彩と昆虫のような斬新なファッションがインパクトのある面白いDMになりました。
ちょっと野暮ったいマットな紙質が少しソフトになって、思わず手に取りたくなります。傑作です!!
又、唐突に切り取ってあるようなアングルの構成も作者の狙いの「日常とのコラージュ」を生み出しています。
右上の無駄な余白が何だろうと、薄っぺらなハガキを後ろからの光りで透かして見ると、「oiai美術展」が反対向きに浮び上がります… 格好いいです!
今までにない一度見たら忘れない鮮烈なDMですが、僕には、ウルトラマンみたいで懐かしさも感じます。(藤澤伸太郎)

oiai美術展
2017年8月15日(火)〜20日(日)
10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31

| oiai | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木陽 2016年作品

題名:「うねりの旅」Surging trip
作者:鈴木陽
・本作品は2016年8月に三重県鳥羽市で開催された小竹信節ゼミナール4年生展示「水が私にくれたもの  What the Water Gave Me」に出品したものです。
三重県発祥とされる海女をテーマに、海辺に設置することを前提として制作しました。

海風に揺れる本作品は、風に揺れる海の波、そして海の状況に簡単に影響されてしまう海女の人生を呈しています。(鈴木陽)
・武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業 


36本ぐらいの沢山の金属の棒が水平の支柱に平行に吊されています。
海風が吹きますとその支柱が揺れて、沢山の棒がゆらゆら波の形になり、金属が触れ合う音を奏でます。
まことに幻想的なインスタレーション作品です。

今回は室内の展示で風が吹きませんので、見る人が紐を引っ張って金属の棒を揺らします。(参加型の作品)
室内だから、壁や床に映る影もゆらゆら揺れて、そのダイナミックに揺れる空間が大変面白いです!!
彼の作品は、いつも斬新で詩的です。

ただ、今回はちょっと説明的で見る人の視点に合わせ過ぎで分かりやす過ぎです。
もっと、突き抜けた表現にして欲しかったです。
例えば、この作品を下に潜れるように高くして、紐を下から引っ張って、自分の頭上高く波打ち奏でる音に巻き込まれるようにして欲しかったです。
見る人の視点でなく、海底に潜った海女の視点です。
もっと、トンがった見せかたをした方が…傑作になったと思います。

ファイルに在った小品ですが、絶対に履くことの出来ないトンがったハイヒール、りんごの芯が極細の針金で「無」を感じさせる作品は、ドキッとさせて、見る人の視点をぐらぐらさせます。
今回の作品も見る人の視点ではなく、違った視点から感じさせる作品にして、ぐらぐらさせて欲しかったです。
作品を屈んで潜って見上げたときは、視界がぐらぐらしました!!

…海に潜るのが好きで、1日中素潜りでサザエなどいっぱい取りました。
ある日、海底がとても美しくサザエを採るとその美しさ壊れそうで、サザエが海底に居たいのだと強く思いました。
息が苦しくなり、耳鳴りがして、やっと海上に…それ以来採るのを止めました…(藤澤伸太郎)


無数の金属の線 頭上高く波打ち 奏でる音に吸い込まれる海女

トンガッタサザエガイタイ!


2017年6月11日

 


 

| oiai | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend