Page: 1/17   >>
oiai美術展 明日開催!!

明日よりoiai美術展を開催します!
本日、無事搬入出来ました。
oiaiメンバーの独創的な作品との出会いを楽しんで欲しいと思います。
今年は、「変化し続ける展覧会」をテーマに新しい形の展覧会場にしました。
是非、お出かけください。
☆oiai美術展
2018年8月14日(火)→19日(日)
10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31 http://goo.gl/maps/B9Qpq

 

写真は展示風景

 

| oiai | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ワークショップ、レクチャー」「アングラ演劇」


oiai美術展
2018年8月14日(火)〜19日(日)
10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31

〇ワークショップ、レクチャー(自由参加)
8月19日(日)13:00〜16:00展覧会会場にて
メンバーが展示作品の紹介、見方、感想などレクチャーします。

〇アングラ演劇(観劇自由)
8月19日(日)16:00〜17:00展覧会会場にて
アングラ演劇「ゾク チラシ」を上演します。是非、楽しんでください!(いずれも参加費無料)
出演 藤澤伸太郎 古橋楓 合谷柊音 大村美桜 正田七恵
※写真は去年の舞台風景


「ゾク チラシ」

7月27日
坂を上り切ったバスの真ん中を 沈む真夏の太陽が突き抜けた
翼のないイカロスが真っ赤な炎に包まれた
受話器の向こうから聞こえた貴女の泣き声
物語ならなんでもいいから欲しかった
モノガシュヤクノモノガタリ モノトーンカラサイケデリック
モノデハナイアナタノモノガタリ モノグルオシイモノガタリ
モノガナシイモノオトヒビキワタル


5月7日
走り続けて描いた絵 来る日も来る日も 行きも帰りも 走り続けて描いた絵
たどり着いた暗い階段を登った4階の部屋
明るい大通りの 空をめくる君の白い指と
アスファルト蹴る君のアシ
アスモアシハアツクアツクアスファルト


8月1日
地下で遊び惚けて失った 地上高く羽ばたく力
ちぎれそうな翼を扇いで風よ吹け〜〜
チラシチカチカヒカル風 チラシガサガサカザル風
バーゲンセールのチラシだけれど 扇げば花のヒラヒラドレス
チギレタツハザガツムジ風ツブラナヒトミノツムジ風


12月31日
ダ・ヴィンチの鳥が羽ばたくデッサン カオスの海辺で披露
街暮れり 坂を下り 美味しいビールのどをくぐり 焼き鳥食えり


6月8日
梅雨の晴れ間の雲隠れ 街中探しても見つからない
森の木に登って見たら 木の葉に紅い貴女の言葉
アカイアマズッパイアナタノコトバ アセノアジスルアナタノコトバ
風呂敷かぶり 忍者になって 木に登る雲


5月26日
食べ終わったあとの食卓 食べ残したご馳走がいっぱい
多弁な野菜と たらしこんだ肉 多情な魚と たくらみの果実と 
たわむれるケーキが 食べ残されていた
貴女が食べ残した ためらうキウイを 僕は盗み食べた


10月9日
背景が切り取られた記憶 大空と大地が細い木々で繋がる 
紅の向こうに抜ける快楽
いなくなったばぁーば いないいないばぁあ――――


5月3日
まっ赤に染まった まちのマチエール はままつまちの まっ赤なまつり
まっ赤なはっぴの君をまつ まっ赤な口紅君をまつ まっ赤なマニキュア君をまつ
まてどもまてどもまちぼうけー
まっ赤なまつりの まっ赤なハッピの マチエール


2月22日
からだ骨だらけ おおきなお顔 お目め潤んだ私をお食べ おにぎりよりはおいしいよぉ〜〜
皿に魚さらっと作曲 骨まで愛して欲しいのよぉ〜〜


10月25日
死んでしまった傘が言った生まれ変わりたい! 
開いた傘に少女たちは晴れた空と太陽を描いた
デコボコボックス奥に広がる山と山 君と登ったデコボコ坂の遠い道


2月10日
頭の無い人間 羽根を生やし群がり飛んで行く
いっせいに舞い落ちる黄色い火花
逆流する欲望は 逆さまに見つかった抽象画

12月9日
片想いの初恋 川辺の夕闇に消えた 赤いセーター
安らかなる川が導いた
渦巻く荒海 赤い毛糸がほどけて絡まり合う
好きだった ヒラヒラの赤いドレスで 踊るワルツ


2月3日
B級映画館立ち並ぶ ギャング活劇ピンクカラー 奏でるは地下室のメロディ
新宿深夜喫茶の僕とぼく
シンメトリックな シンフォニー シワクチャ紙幣 レシートだらけのシースルー


1月7日
ただだまって ただだきあった だれも見ない坂の上ただ待っているおびただしい若者たちだった
ただぴっろい夜空の端が ただれた


1月26日
樹木の匂い立ち籠めて 幼子の記憶が蘇る 転がり落ちる階段大きく揺れる
父に抱かれて 飛んだ遠い空


4月28日
水平に見える目と 水平が斜めに見える目2つ
ズレてるどちらでもない 足元見つけた
混沌の街を 鳥が斜めに羽ばたく


1月28日
赤黒く焼けただれて 肌痛く 
冬の早朝 どこまでも澄み渡る 病院の空 
身動き出来ない右手が 左手の君を操る
無理に笑った細胞が いつまでも止まらない


4月1日
春に訪れた暗闇 ぽっかり空いた大きな穴ぼこ
あなたがくれた花の欠片をむさぶり食べた
モノトーンの街並みが ハリボテになって眠る


11月13日
バナナの皮で作った 女性の気高き顔 日に日に黒々カサカサ土と化す
抜け落ちた人のかたち春の空 声たかくひびきわたる夏の人


4月11日
居なくなった犬の小屋 空高く垂直に積みあがる 
水平に流れる記憶の上に 寒い朝ふとんの中に君の温もり


5月23日
ドッボーン!ジャブジャブジャブ!! 
ドデカイ羽根が無くたって ドット橋の向こうまで ドボンドボン泳いで行ける
ドンヨリ曇った空の下 ドシャ降りの雨にも負けず
ドヨウノ真夜中
ドロップアウト

孤独に喘ぐアナタのもとへ

朗読のための「チラ詩」藤澤伸太郎 

〇合同批評会(一般公開)
8月18日(土)18:00〜21:30展覧会会場で出品者全員の合同批評会です。是非!
| oiai | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「是非oiai美術展に遊びに来てください!!」
oiai美術展は緑屋美術研究所OBによる展覧会です。
メンバーには、国内外でめざましい活躍!『毎日デザイン賞』他、数々の賞を受賞した
鈴木康広を始め、アニメーション作家の今津良樹など社会で活躍中の芸術家(美術家、
デザイナー、マンガ家…など)と将来をめざす美大生、卒業生(東京芸大、武蔵美、
多摩美、筑波、愛知県芸…など)の展覧会です。
彼らの作品は、自分の生きている世界がオリジナルな発想で表現され、新鮮です。
oiaiだから出来る新しい形の展覧会をめざしています。
是非oiai美術展に遊びに来てください!!

代表:藤澤伸太郎



 

| oiai | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
☆☆サザンオールスターズのPVのアニメを今津良樹が手掛けました!!☆☆


あのサザンオールスターズの新しいPV「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」のアニメーション
を今津良樹が手掛けました!!!
去年oiai美術展に彼が出品したアニメ「Ringing city」を踏襲していましたが、より凝縮され
スケール感スピード感素晴らしいです。
彼の毒がより際立って面白くてドキドキします!!!
何度も見たくなる中毒性がありハマッテしまいました。
切ない詩が後に響きます……
是非、サザンオールスターズの新しいPV「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」をyoutu.beで見
てください!!!


| oiai | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今津良樹作品ぴあフィルムフェステバルで上映
今津良樹作品ぴあフィルムフェステバルで上映

題名:モフモフィクション
作者:今津良樹
・アニメーション作家
東京芸術大学大学院アニメーション専攻卒 武蔵美術大学視覚伝達デザイン卒


☆☆今津良樹アニメーション作品がぴあフィルムフェステバルで上映!!☆☆
oiai美術展に毎年アニメーションを出品しています。
今津良樹(東京芸大大学院アニメーション専攻卒)が園子温、萩上直子、石井裕也、
山戸結希らを生んだ若手監督の登竜門、ぴあフィルムフェステバル(PFF)のコンペ
部門に入選!!応募本数529、入選18作。9月8日より国立映画アーカイブで開催さ
れる第40回PFFで上映され、20日に各賞が発表される。
「モフモフィクション」今津良樹。
面白そうです。是非見てください!!僕も見ます!


| oiai | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年のoiai美術展DMが出来ました!!








「今年のoiai美術展DMが出来ました!!」

デザイン:鷲見友佑
写真撮影・レイアウト:藤田卓見   

作者のイメージする生き物を既製品を使って見事に抽象化しています。
その結果、いろいろな顔の表情や手足の動きが見えてきて、実にユーモラスです。傑作です。
蛍光灯の円は、oiaiのOです。
光と一体化しようともがいている作者の自画像です。
又、写真撮影のシンプルな表現が、光と闇の深みを感じさせドッキ!とします。
2人のタッグが素晴らしいです。(藤澤伸太郎)

oiai美術展

2018年8月14日(火)→19日(日)  
10:00→19:30(最終日は17:00まで)
クリエート浜松3階ギャラリー31
☆合同批評会(一般公開)
/18(土)18:00→21:30
☆ワークショップ、レクチャー(自由参加) 
/19日(日)13:00→16:00
☆アングラ演劇(観劇自由)
/19日(日)16:00→17:00
「チラシ」を主役にアングラ演劇します。
| oiai | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木陽 2017年作品
題名:「state」「forth」 
作者:鈴木陽
・インスタレーション作家 武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒


「state」
何かに使われていた廃品の木と金属の一部を加工し、じっくり磨いて、塗料を塗って制作した
立体作品です。
長方形と上の円弧の薄い表面がとてもユーモラスで美しいです。
何のへんてつもない形をしばらくじっと見ていると何か不思議な生き物の顔に見えてきました。
それは、手作業で磨きあげた柔らかな表面のあたたかさと釘の跡のヘンテコな穴のせいです。
その2つの穴が実にユーモラスです。
又、木や金属の表面に風の波紋が美しく輝いています。

ただ、「forth」もそうですが、展示の方法が良くないです。
作品の存在がまとまりすぎて弱いです。
いっそのこと、作品を横から縦にして、壁に付けてみたらと思います。
僕は、鋭く尖った円弧の金属が1番好きです。
それが生かされるように鋭い金属の円弧が前に出るように壁に縦に展示して欲しかったです。
穴が目になり耳になり面白いです。
くちばしのある鳥にもみえます。インスタレーション作品として見る人と関係が生まれます。   

「forth」
こちらも同様に、突き出るようにトンガッタくちばしを前に壁に展示すれば、くちばしの
鋭い鳥にも見え、トンガリが生かせてインパクトが生まれます。
つまり2つ共、形の特徴のトンガッタところを生かした展示して欲しかったです。
2種類の鳥が出来、2つの作品に繋がりが生まれます。
多分、作者が物に関わっていく無意識の表れかたに2つに共通するトンガッタところに
ありますから、それを生かせば、2つが響き合う空間が生まれます。(藤澤伸太郎)



何故かいつもトンガッテしまう
トンガッタ形が好きなのか

ハイヒール 流木 細い金属棒
丸いりんごも噛ってトンガラセテしまう

トンガッタ形は鋭いくちばし
鋭いくちばしからさえづる僕の言葉
風を震わせ遠くまで届く言葉

貴女のいるところまで届ける言葉
何度も何度も
風に乗ってひびく言葉は

僕の身体に風の形を刻む


2018年6月4日 

 

| oiai | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木康広 2017年作品

題名:水平の人
作者:鈴木康広
・国内外でめざましい活躍!!!
「毎日デザイン賞」他、数々の賞を受賞した国際的アーティスト


腕枕で寝ている人が、空中に水平に浮いている作品です。
木彫で作られた小さな人間を目の高さに釣糸で吊してあります。
まるで、見えない水面に人がゆらゆら浮いているようです。

相変わらず作者の発想は、意表を衝き大変面白いです。
広い展覧会場に目に見えない水面を出現させてしまうインスタレーションは素晴らしいです。
彼の企みは、会場にある沢山の作品も巻き込んで痛快です。
会場の床いっぱいに置かれた僕(藤澤)の作品「チラシ」の沢山の塊も海底に沈んだ溶岩のように見え幻想的な風景を演出してくれました。

私たち日常の視点にも、もう1つの別な見方を与えてくれます。
つまり、目に見えないものを想像させる楽しみです。
多忙な日々の作者の無意識が、空中にゆったりと漂う浮遊した自画像を表現しています。
作者の内なるリアリティーを感じさせて傑作です!!!

…佐鳴湖に散歩に行ったとき、大空が映る水面に沢山の葉っぱが浮いていました。
揺らぐ水面には真昼の光りが反射して、葉っぱがチカチカ煌めいて、まあるい宇宙がまばたきをしていました。
幻想的な風景の出現に、しばらく時間を忘れて見惚れていました。…(藤澤伸太郎)


腕枕で寝る人 中空に浮く
はりぼてで出来た雑踏の街の上
水平にゆらゆら漂う

まどろむ湖の緑の葉
まひるの光りと影に
まあるい宇宙が
まばたきをする


2018年5月13日
 

| oiai | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小西宣生 2017年作品
題名:ちらりスーツ
作者:小西宣生
・作品の説明  変形キャンバスに油絵の具 クレパス 色鉛筆 鉛筆で描きました。
・いつもは横向きの人を描いていましたが、今回は正面で描きました。ちょっと酔った感じで。
うぃ〜す。(小西宣生)


作者が自分で作った大きな変形キャンバス(2mぐらい)に、油絵の具等で男性が描かれています。
男性はぼろぼろの服に肌や下着がはだけて、大変だらしのない姿ですが、何故かアバンギャルド
で格好良く見えます。
とことん破けたボロ服をキザにマンガチックに描いている姿は滑稽ですし、現代のエリート企業
マンの服を崩して皮肉くっています。

ただ、今回は徹底的に描いているので、息苦しさを感じます。
ある意味失敗作です。
前年作に比べて変形キャンバスがもうひとつ生きていません。
変形キャンバスを生かしたインスタレーションとしての面白さがありません。
おそらく作者は敢えて抑えてバランス良く描かずに、自分の描きたい面白いキャラクターに耐え
うる新しい変形キャンバスの形を、次に見つけようとしています。

幸い今現在(2018年4月)制作しています変形キャンバスは今までにはないダイナミックなものに
なっています。
今年の展示が楽しみです!!!

長年、作者の制作活動を見続けてきましたが、変形キャンバスに対する思いはことの他強いです。
彼は変形キャンバスを育てるために狭義な絵画的な視野にこだわらずに人物の服を描ききって、
よりスケール感のある変形キャンバスを見つけようとしています。

おそらく、oiai美術展のインスタレーションの空間がそうさせているし、変形キャンバスで会場
のインスタレーションを造りたいと言う強い思いを持っていると思います。

…スペインの抽象画家ミロは、最初はフランスのシュールレアリズムの影響を受けて空中に
びっしりと細かい模様が浮かぶシュールな作品を描いていました。
シュールにこだわった窮屈な絵でしたが、アメリカの小説家ヘミングウエイ(老人と海)と付き
合い初めてから、スケール感の在る大胆な抽象を描くようになりました。
ヘミングウエイの身体を通して表現する文学に影響されて、視覚的な絵画から身体的な表現を
する圧倒的な抽象画家になりました…(藤澤伸太郎)


海の老人と出会ったミロ
おしよせる波に描いた
おおきな星の形


サツキ晴れ
ツツジの雲を見下ろす
洗濯されたシャツ


2018年5月1日

 

 

| oiai | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今津良樹 2017年作品
題名:RINGING CITY
作者:今津良樹
・アニメーション作家
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻卒
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒
AC広告学生賞受賞他

HP:https://www.yoshikiimazu.com/


リングのようにぐるぐる回る都市空間の日常をモチーフにしたアニメーションです。
画面が左右に2つ在り、それぞれに違うアニメーションを流したインスタレーション作品です。

私たち人間がぐるぐる揺らいで回転している都市空間に翻弄されている様子をユーモラスに描
いています。画面が左右に2つあるので、両方見ることで左右別々の動きに揺り動かされて
目眩を感じさせます。
ちょっとした風刺のアイデアがいろいろと面白いです。
ただ、盛り込め過ぎていますから、全体として印象がぼけてしまいます。
もっと抽象的な観点からも絞って欲しかったです。

僕か一番気に入ったのは、
巨大な綺麗なビルを背景に白いパッケージの箱とレジ袋が風に舞い降りてきたのを真っ黒な
カラスが何羽も追っかけて飛んでいるアニメーションです。
似た構図で良く見るコマーシャルは鳩が飛ぶ姿と花々等ですが、黒々としたカラスと白い
パッケージの箱とレジ袋にしたのは怖いですし、その対比が現代の日常を端的にシュールに
表現しています。
インパクトがあります。傑作です!!!
ビニール袋や箱をカラスが突いているのは僕の住む住宅地でも良く見かけます。
リアルな日常を切りとり、スケール感のあるコマーシャルのような見せ方をした逆転の発想は
風刺が冴えていますし見事です。不変性さえ感じます。
もっと大きな画面で見たかったです。
これからも「中毒性のある映像」を期待してます!!!(藤澤伸太郎)


水平に見える目と水平が斜めに見える目2つ ズレてるどちらでもない足元見つけた

混沌の街を鳥が斜めに羽ばたく


2018年1月20日

 

| oiai | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Profile

Category

Entry

Comment

Archives

Search

Link

Mobile

qrcode

Recommend